商品情報

1. 耐病性の表記

野菜種子産業のための害虫に対する植物の反応を記述する用語の定義1(2017年5月ISF野菜・観賞用作物部会採択)

1.1 はじめに

植物と害虫の関係は非常に複雑である。害虫に対する植物品種の反応を表す用語は、既知で特徴付けられた害虫のバイオタイプ、パソタイプ、レースまたは系統を用いた試験により決定されます。

しかし実際には、害虫が植物に病気を引き起こしたり損害を与えたりする能力は、環境条件、生物自体の特性、植物の自己防衛能力によって決まります。また、同じ種類の植物でも、品種によって自己防衛能力が異なる場合があります。植物の年齢、害虫の圧力や病原性の程度、または悪環境条件などの異なる条件下では、同じ植物品種と害虫の相互作用は異なる結果をもたらす可能性があります。

害虫は、新しい生物型、病型、レースまたは系統を開発し、形成することが知られており、それらは、害虫の元の形態によって影響を受けない植物に病気を引き起こしたり、損害を与えたりすることがあります。

害虫に対する植物の反応を表す用語の一貫性を高めるため、ISF野菜・観賞用作物部会では以下の用語を定義しています。

1.2 定義

感受性とは、植物品種が特定の害虫の成長および/または発生を制限することができないことです。

抵抗性とは、類似の環境条件及び害虫の圧力下で、感受性植物品種と比較した場合に、特定 の害虫の成長および/または発達を制限する植物品種の能力および/またはそのもたらす損害のことです。

抵抗性品種は、害虫の圧力が強い場合、何らかの病害症状や被害を示すことがあります。抵抗性には2つのレベルが定義されています。

高抵抗性(HR):通常の害虫圧力の下で、感受性品種と比較して、特定の害虫の成長および/または発達および/またはそれが引き起こす損害を高度に制限する植物品種です。ただし、これらの植物品種は、害虫の圧力が強い場合には、何らかの症状や被害を示すことがあります。

中間抵抗性(IR):特定の害虫の成長および/または発達および/またはそれが引き起こす損害を制限する植物品種であるが、高抵抗性品種と比較して、より広範囲の症状又は損害を示す可能性があります。中間抵抗性の植物品種は、同様の環境条件および/または害虫の圧力下で栽培した場合、感受性植物品種よりも深刻な症状または被害を示しません。

特定の害虫に対して同じレベルの抵抗性を主張する品種は、品種の異なる遺伝的構成により異なる抵抗性反応を示すことがあります。

植物品種において抵抗性が主張される場合、それは害虫の特定のバイオタイプ、パソタイプ、レースまたは系統に限定されることに留意ください。

もし、品種の抵抗性の主張において、バイオタイプ、パソタイプ、レースまたは系統が特定されていない場合、それは、引用された害虫のバイオタイプ、パソタイプ、レースまたは系統による一般に認められた分類が存在しないためです。この場合、抵抗性は、その病原体のさらに特定されていない特定の単離株に対してのみ主張される。新しいバイオタイプ、パソタイプ、レースまたは系統が出現しても、当初の抵抗性の主張の対象とはなりません。

免疫性とは、植物が特定の害虫による攻撃や感染にさらされないことです[1]。

[1] 国際連合食糧農業機関(FAO)は害虫を次のように定義しています。植物や植物製品に害を与える植物、動物、病原体のあらゆる種、系統、生物型。http://www.fao.org/docrep/W3587E/w3587e01.htm。

したがって、病原体(病気を引き起こす細菌、ウイルス、真菌などの微生物)も「有害生物」に含まれます。